自走式立体駐車場にはいろいろな利点があります

自走式立体駐車場はドライバーが車を運転して駐車する立体駐車場です。2階建て以上で構成されており、スロープを使って移動することができます。いろいろな利点があり、多方面で採用されています。自走式立体駐車場のメリットについて、機械式立体駐車場と比較すると車の出し入れが容易です。

入出庫の操作などによる待ち時間が少なく、直射日光や雨風などから車を守ることができます。平面駐車場より収容率に優れており、災害時には避難場所として利用することが可能です。自走式駐車場は上階が下階の屋根になるので、雨や雪、日光の強い時でも利用しやすいメリットがあります。外壁は一定以上開口率を取るよう定められているので、開放性が高くさまざまな被害を受けにくいのが特徴的です。

災害時の避難所としても使用することができ、階層を増やすと収容率がアップします。自走式立体駐車場は機械式立体駐車場と比較すると、省電力傾向が高めです。自走式立体駐車場の約80%の電力は照明器具が占めるので、蛍光灯からLED照明に交換すると省電力化を期待することができます。利用状況や時間帯などに応じて照明数や明るさなどを調整し、壁や床を明るい色に塗装すると反射効率を高めることが可能です。

太陽光や風力などを利用した発電と蓄電システムを導入すると、消費電力を賄うことができるでしょう。省電力化を取り組むことによって、コストダウンや利便性などを高めることができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です