自走式立体駐車場には様々なメリットがあります

自走式立体駐車場はドライバーが自分で車両を運転して目的の階まで移動する点に特徴があります。比較的広い敷地に建設され階層を増やせば収容率を高めることができるので、ショッピングモールなどに最適です。装置内部に車両を収容する機械式の立体駐車場と比べて入出庫がしやすいだけでなく、乗り降りや荷物の出し入れも容易に行うことができます。機械式だと忘れ物をしたときに取り出すのが大変ですが、自走式立体駐車場ならば簡単に取り出せます。

自走式立体駐車場は入出庫の際の機械操作に時間がかからず、屋上以外であれば雨風や紫外線から車両を保護できるというメリットもあります。開放的な構造で津波などの被害を受けにくいため、災害発生時の避難場所としても利用可能です。自走式立体駐車場はフラット式とスキップ式、連続傾床式の3種類に分類できます。フラット式は最も基本的な構造で平坦な駐車スペースとスロープが連結しており、見通しがよく駐車位置を把握しやすいというメリットがあります。

床が平坦なのでショッピングカートやベビーカーなどでの移動も容易です。スキップ式は駐車階を半階ずつずらした構造に鳴っており、スロープが短いため狭い敷地にも対応できます。このタイプは空きスペースが見付けやすく、床が平坦なのでショッピングカートなどで移動しやすいというメリットがあります。連続傾床式は床全体が緩やかな螺旋状になっており、スロープに駐車スペースが面しています。

独立したスロープが不要なので収容台数を増やすことができ、駐車効率とコストパフォーマンスが優れているというメリットがあります。自走式立体駐車場のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です