さまざまな種類がある自走式立体駐車場

駐車場にはさまざまな種類がありますが、立体駐車場は平面駐車場よりも土地が狭く室内なので屋根があることから、天谷風を凌ぐことができるし、夏の暑さや冬の寒さを抑えることができます。これにはスロープなどを運転車が車を運転して、停車する場所に移動する自走式の方法と、機械で車を収納すること方法があり、自走式は機械で車を収納する時間がなく、自分の好みの場所に車を停車をするメリットがあります。この自走式の中でもさまざまな種類があり、設置更にはその場所や経済的な条件にあったものを作ることが大切です。この自走式立体駐車場にはフラット式やスキップ式などの種類があり、フラット式は各階がスロープで連結したもので、上に向かう駐車場所を探す車と、下に降りる出庫する車のルートを変えているものが多く、安全確保の面で優れています。

平坦な場所に駐車するので、高齢者や子供が車の乗り降りに親切な設計になっています。スキップ式の自走式立体駐車場は、半階ずつ車を停車する位置をずらしたもので、スロープが短く走行しやすい、見通しが良いなどのメリットがあります。建築家際に費用がかかるものですが、一定方向に停車場所がわかりやすい、見つけやすいタイプの駐車場です。他にももう一つ種類があり、連続傾斜式は昇降スロープと車を停車する位置が一体となった仕様で、駐車場の構造が緩やかならけん状になっています。

急なカーブや勾配がなく、高い面積効率がある自走式立体駐車場です。自走式立体駐車場のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です