自走式立体駐車場は大きなメリットのある方式

駐車スペースの確保手段として立体駐車場の設置がありますが、機械式のタイプと比較されることの多い自走式立体駐車場には、たいへん大きなメリットがあるために注目を集めています。大型のショッピングモールやスーパーマーケット、アミューズメント施設やホテルなど様々な施設に併設されていますので、利用された経験のある方も少なくないでしょう。機械式の立体駐車場は、入庫や出庫に時間がかかってしまう場合があるけれども、自走式立体駐車場であれば出入りが大変スムーズであるというメリットは、利用者にとってもわかりやすいポイントとなります。そのほかにも、駐車中であっても荷物の出し入れが容易である点や、機械式立体駐車場に入らない車高の高い車や幅の広い車であっても利用可能なケースが多い点も挙げられます。

そのため多くの人々が訪れる商業施設に、ピッタリの方式と言えます。自走式立体駐車場にはいくつかの方式があり、建設する場所や利用者のニーズなどによって選ばれています。各フロアの駐車場が自動車が上り下りするスペースであるスロープで結ばれている「フラット式」は、駐車する車と移動する車の動線が分けられるために安全性の高い方式です。駐車スペースを半分の階ずつずらした「スキップ式」は、スロープを短くすることができて見通しを良くすることが可能な点が人気です。

そのほかにも、勾配のついたフロアを連続させる方式などもあり、それぞれのメリットを見極めた上でそのタイプを導入するかが決められています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です