初心者でも使いやすい自走式立体駐車場について

自走式立体駐車場は複雑な機械操作を行わず、平面駐車場と同じような感覚で使うことができます。利便性が優れていて多くの車両を収容できるため、主にショッピングモールなど大型商業施設で採用されています。自走式立体駐車場は車両を装置内部に収容する機械式と比べて入出庫が容易で、機械操作に時間がかかりません。屋上以外の部分は直射日光や雨風から車両を守ることができ、災害時の避難場所としても使えます。

機械式は頻繁にメンテナンスを行わなければなりませんが、自走式立体駐車場は頻繁にメンテナンスを行う必要がなくランニングコストが安いという特徴もあります。自走式立体駐車場にはフラットタイプとスキップタイプ、連続傾床タイプの3種類が存在します。いずれもドライバーが目的階まで自分で車両を運転して移動するので、機械式のように特別な技術が必要になることはありません。利便性が優れていて初心者でも使いやすいのが自走式の大きなメリットです。

フラットタイプは最も基本的な構造で、平坦な駐車スペースとスロープが連結しています。見通しがよくて駐車位置が分かりやすく、床が平坦なのでショッピングカードなどでの移動も容易です。スキップタイプは駐車階を半階ずらしてスロープを短くしており、比較的狭い敷地にも対応できます。このタイプはスロープが短いので走行しやすく、空きスペースを見逃しにくいという特徴があります。

連続傾床タイプは床が緩やかな螺旋状で、スロープに駐車スペースが面しています。独立したスロープがないので収容台数を多くでき、駐車スペースを容易に見つけることができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です