自走式立体駐車場は利便性が優れています

立体駐車場は自走式と機械式の2種類に分類されており、自走式は広い敷地が必要ですが機械式は狭い土地や複雑な形状の土地でも建設できます。より多くの車両を収容したい場合や利便性を重視する場合には自走式立体駐車場がおすすめです。限られた敷地を有効に活用して多くの車両を収容したい場合には、機械式を選ぶとよいでしょう。機械式は装置内部に車両を収容するのでセキュリティ性も優れています。

自走式立体駐車場のセキュリティ性を高めるには、スタッフに巡回させたり監視カメラを設置するなどの対策を講じる必要があります。自走式立体駐車場は車両ごとに十分なスペースが確保されており、機械式よりも入出庫を簡単に行うことができます。特別な運転技術がなくても、一般的な道路や駐車場と同じような感覚で利用できるというメリットがあります。また入出庫のための機械操作で待つ時間が短く、屋上以外であれば直射日光や雨風から車両を保護できます。

広い敷地に複数の階層の駐車場を造るため、平面の駐車場と比べて収容率が優れています。開放性が高い構造になっていて、津波などの被害を受けにくいので災害時の避難場所としても活用できます。自走式立体駐車場には基本的なフラット式の他に、駐車階を半階ずつずらしたスキップ式や床全体が緩やかな螺旋状の連続傾床式があります。大規模な駐車場が欲しい場合にはフラット式が適していますが、小規模から中規模の駐車場には駐車効率の優れたスキップ式や連続傾床式がおすすめです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です