自走式立体駐車場は経費を低くして運用できます

不動産投資で立体駐車場を建設して運用を始めようと考える方は、利用される見込み客の台数をリサーチすることは必須になり、この問題は素人では判断が難しい傾向にあるので、立体駐車場の建設と運営に詳しい会社に相談をすることは必要です。立体駐車場の場合、場所により制限はありますが階数を増やすことにより駐車可能な自動車の台数を大きくすることができます。ところが場所によっては3階建てでも満車になることはなく、2階建てで十分と判断されることもあり、この判断においてもプロフェッショナルな存在の施工会社に相談をすることで最適化することは十分に可能です。駐車場といっても複数の種類というものがあり、古い時代に採用されてきた方法では入り口と出口には管理者を配備させ、チケットを渡す係と駐車料金を受け取る係が必要な駐車場がありました。

現在では完全に無人化した駐車場があり、自走式立体駐車場の場合では、特殊なエレベーターの操作を不要とする方法なので、人件費をゼロにすることは十分に可能です。人件費は現在では最低時給でも高額になるので、完全無人で自動改札を行える設備を整えることはコストカットだけではなく、専用機器が対応することによりミスを発生させないことも魅力です。自走式立体駐車場では他にもメリットがあり、丈夫で頑丈に作られていることをあげられます。木造建築のアパートと比較をしても運営していく中で出費が必要なケースは大きくカットすることができるので、無人で運用可能な自走式立体駐車場は不動産投資に向いています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です