自走式立体駐車場とは?

自走式立体駐車場とは、平面の駐車場とは異なり建物のようになっています。そして、駐車スペースに自分で車を止めるタイプです。それとは別に機械式駐車場は、機械を使って車を止めますので狭いスペースを最大限に活用することが出来ます。機械式は都市部や人口が密集したところに多いです。

自走式立体駐車場には大きな敷地が必要であり、身近な所ではショッピングモールがあります。自走式立体駐車場にもいろいろな種類がありますが、一番多いのがスロープで各階につながっているタイプです。入口のレーンと出口のレーンが決まっており、安全が確保されています。他にも連続傾斜式というのがありますが、各階が明確に分かれていません。

緩やかな傾斜が続きながら駐車スペースがつながっているのです。構造としては緩やかな螺旋状になっています。急カーブや急こう配がなく、スロープが必要ないのでスペースを有効に用いることが出来るのです。機械式では高さに制限があったり、出し入れに時間が必要な場合があります。

しかし、自走式立体駐車場では自分で出し入れができるので便利です。また、平面式に比べて雨風を避けることが出来るので車に与えるダメージも少ないのです。このように何気なく利用している駐車場もいろいろなタイプがあることがわかります。どこを利用するかは状況によって違うかもしれませんが、特性を理解しておくことは大事です。

安全に気をつけて駐車場を利用するようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です