自動車関連技術ラッピングのイベント車への応用

いま自動車関連の情報で注目されているのが、ラッピング技術の自動車への応用です。自動車のラッピングと言っても、普通の人はあまりぴんと来ない人も多いかもしれませんが、自動車関連の業界ではかなり浸透してきています。具体的にどのような技術のことを指すのかと言いますと、好きなデザインや文字、写真などを印刷することができる特殊なフィルムを自動車のボディにラッピングすることで、様々な宣伝広告を載せたり会社のロゴマークを描いたりすることができるようになります。具体例を挙げると、特殊車両の一つにイベント車と呼ばれるものがあります。

その名の通り様々なイベントの際に用いられる車で、大型のトラックなどがイベント車として使用されることが多いのですが、そのイベント車のボディにイベントの関係する広告を大々的にラッピングするわけです。そうすることで多くの人の目にイベントの情報を触れさせることができるようになり、イベントを盛り上げていくことができます。しかし、そのイベントが終わったらイベント広告は必要なくなってしまいます。その場合はフィルムを剥がせばよいのです。

従来の自動車関連技術として多く用いられていたペイントでは、一度ペイントすると消すことができませんでしたが、ラッピングの場合は何度でも貼ったり剥がしたりすることができるのです。ここが大きなメリットの一つとして注目されています。雨や紫外線にも強く、3年から5年の耐久性があるので長く使用することも可能です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です