車いすで乗れる福祉車両のレンタカー

福祉車両のレンタカーのなかには、車いすに乗ったままであったとしても、自動車の車内にスムーズに乗り降りができるタイプのものがあります。こうしたタイプの福祉車両については、さらにいくつかのタイプにわかれています。たとえば、ワンボックスカーのような比較的大きな乗用車であって、サイドのドアから乗り降りをするものがあり、これは外見的にはふつうの乗用車とそれほどかわりがありません。また、福祉や介護の事業所でよくみかけるような、リアのドアがハッチバック方式になっていて、ここからリフトで持ち上げて車いすのままで乗り降りをするといったものもあります。

リフトのほかにも、スロープを乗り降りの際だけ架設するといったものもあり、どちらかといえば、リフトがついているものよりもレンタカーとしての料金的には安くなっています。福祉車両というのは、レンタカー会社であればどこにでも置かれているというものではなく、まったく備え付けがないところもあれば、地域的に限定された店舗でのみ扱っているということもありますし、台数についても制限があり、予約で埋まってしまい、希望どおりにはいかないこともあります。こうしたことから、希望の車種がみつかった場合には、できるだけ早期に予約をして確保しておくことがたいせつとなってきます。なお、料金は福祉車両であるとかといって、普通の乗用車とはそれほどかわりがないという場合が多いといえますので、その意味では安心です。

立体駐車場のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です