福祉車両をレンタカーで利用するメリット

福祉車両は高齢者や身障者を乗車させるためには非常に便利なもので、また様々なケアも可能なため非常に有効なものですが、その価格が非常に高額なため多くの福祉施設ではなかなか購入することが出来ないという問題があります。その為、福祉施設の中には一般車両を用い、介護士がその介助を行って乗車させることで賄っているところも少なく有りません。しかし介護福祉士にとって高齢者や身障者の乗車の解除は非常に大変な事であり、福祉車両が利用できるのであればその負担は大きく軽減されるものです。最近では福祉車両をレンタカーで利用できる所が増えています。

これは介護施設にとっては画期的なことで、入居者を外に連れ出せる機会が増え、精神的に安定させる意味に於いても大きな成果をもたらしてくれるものです。更に経済的な理由でこれらの車両を購入することが出来なかった施設に於いてもレンタカーを利用することで気軽に福祉車両が利用できるため、入居者に対するサービス向上や新たな入居者募集の際の目玉にもなり、経営的にもおおきく貢献してくれるものとなります。また、福祉車両のレンタカーを提供する側にとっても利用者が増えることで経済的なメリットが有ります。更にこのレンタカーは一般の人でも利用することが出来るため、介護施設などでなくても高齢者の多いサークルでの旅行や、高齢者の集まりなどでも利用することができるため地域交流の面でも大きなメリットをもたらすものです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です