GoogleMapsAPIsをサービス開発に使う - GoogleMapsAPIsの使い勝手について

GoogleMapsAPIsの使い勝手について

  • GoogleMapsAPIsをサービス開発に使う

    • GoogleMapsAPIsは地図情報を無料または有料で提供しているサービスです。

      様々な種類のGoogle Maps APIs Premium Planの情報がてんこ盛りのサイトです。

      ウェブサイトに地図を組み込むのに加えてジオコーディングやストリートビューなど地図にまつわる色々なサービスを提供しています。


      中でも無料で利用可能なことが色々あることによってGoogleMapsAPIsを活用して新たなサービスやアプリが開発するために積極的に利用されているのです。



      GoogleMapsAPIsをビジネスに活用する手段の1つが公開されている無料のサービスを利用してウェブサイトを運用し、そのウェブサイトのアクセス数が多くなってきたら有料のサービスの方に切り替えるという手段になります。無料のGoogleMapsAPIsのサービスに関しては1日当たりのAPIキーを利用できる回数に限りがあるとはいっても簡単に始めることができるというメリットがあるため新しいサービスを手軽に開発することが可能です。そして有料のサービスを利用することによって公開されていない情報を使って開発を進めることができます。


      会社の中で専門的に利用しているシステムに地図情報が必要になったときには地図メーカーから提供してもらうことも可能ですが、GoogleMapsAPIsのサービスを利用することによって地図情報を非常に安い利用料金で得ることができる上にジオコーディングなどが必要な部分についても開発しやすいです。


      従量制で利用料金が決まりますが保守契約などを締結することも可能なため総合的にサポートしてもらえます。