コンプレッサーを高価買取してほしい時のコツ

要らなくなったコンプレッサーを売りに出したい場合には、高価買取を期待したい物ですがそれには幾つか押えておきたいコツがあります。
まず買取対象とされる事が多いのは、レシプロコンプレッサーと言って一般的な流通タイプのコンプレッサーと考えて下さい。コンプレッサーには大型のパッケージタイプ、電動機と圧縮機と車輪付空気タンクが一体になっているタンクマウントタイプ等多くの種類がありますが、小型で家庭用に用いられる様な種類がレシプロ型になります。

こだわりのコンプレッサーの買取情報を見付けていただくため、様々な情報を集めました。

レシプロ型を更に細かく見ていくと、エアー型で5、000円~20、000円、高圧型で50、000円~60、000円程度が相場という事もポイントです。その上で、次は何処のメーカーの物かをチェックする必要があります。



マキタやマックス、工機ホールディングスや日立産機システム、そしてアネスト岩田辺りの製品でしたら買取で高値が付く可能性が大きいです。
他にも保証書や箱等も残っているなら、しっかり添付する事をお勧めします。


後は売る場所についてですが、ネットオークション等に出すのも1つですが、コンプレッサーに限っては出来れば専門店に持っていった方が良いです。


リサイクル店に出す等の考えもありますが、そっちの方は機械の微妙な相場事情を考慮してもらえないリスクがありますし、ネットオークションの方も手早く行く可能性もありますが、場合によっては同品出品の他者が居て、思う様にいかない事も考えられます。

その点を見るならば、より厳密に査定してもらえるという点で専門店一択となります。



後はモーター音等に異常が無く、機械として問題無く機能すれば高値買取してもらえる可能性は大きいです。